- 坐骨神経痛・足の痺れ

坐骨神経痛・足の痺れ

足が痛い、痺れる。痛くて歩くのも辛いし、日常生活に支障が出てくる方もいるのではないでしょうか。
坐骨神経痛と足の痺れについては症状やアプローチの方法が非常に近いのでまとめて説明いたします。

原因

どちらも原因はお尻の奥の方にある、梨状筋という筋肉の硬直が関係します。
梨状筋が固くなるとすぐ下にある鎖骨神経を圧迫し、足に痛みや、痺れをおこします。
これを坐骨神経痛といいます。

また、腰の骨の動きが悪くて神経を圧迫してなるケースもあり、これも坐骨神経痛といいます。
(正確には坐骨神経ではないですが)

梨状筋が固まる原因は股関節の回旋です。内側に回っても、外側に回っても、梨状筋を固めてしまい、硬直します。
さらに股関節の回旋を生み出す原因は足首や、スネの動きが関係します。

足首が悪くなり膝、股関節が回旋するこれが坐骨神経痛や痺れの始まりになります。

当院での施術方法

足首や膝や股関節を矯正します。
矯正にはアクティベータという矯正器具を使用したり、軽い持続圧をかけながら矯正を行います。
そのとき梨状筋の固さを確認しながら一番柔らかく動けるところを探しながら行います。

うまくいくとお尻の柔らかさが戻ってきます。
文章ではなかなかピンと来ない方も多いと思いますが、普段は固まっていて施術後に触ると柔らかくなったのがわかるのが実感できると思います。


当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒331-0074
埼玉県さいたま市西区大字宝来1717-5 指扇北山ビル2F

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください

ご予約

当院は予約優先制となっております

休診日

日曜日