- 四十肩・五十肩

四十肩・五十肩

腕が挙がらない、腕が痛くて寝ていても辛い、日常生活も辛い四十肩・五十肩についてご説明します。

原因

四十肩、五十肩の原因は実ははっきり解明されておりません。
ですが経験上、手首や、肘、肩甲骨、肋骨の動きが制限されているという共通点を感じています。
おそらく血流の悪さや、リンパの流れの悪さが影響していて、これらがきちんと機能しないと悪さをし始めるのではないかと思います。

急性期と慢性期

四十肩には突然肩が痛くなる、急性期と鈍い痛みが続く慢性期があります。
急性期の痛みは鋭く、腕を挙げるのが非常に辛いだけでなく、何もしなくても強烈に痛みます。
この時はなるべく肩を動かさずに安静にする方がいいです。

しばらくすると痛みは落ち着いてきて、鈍い痛みに変わってきます。
これを慢性期といいます。
慢性期にはなるべく肩を動かし、身体のなかの老廃物を動かしてあげるようにします。
日常生活での動作は多少痛くても通常通り行うのが、いいでしょう。

放っておいてもよくなるのですが、その期間は1年から2年かかります。
激痛に耐えながらそれだけの期間を耐えるのは苦痛です。
治療で痛む期間を短くしていくことをお勧めします。

当院での施術方法

四十肩、五十肩の方はまず手首~肘~肩甲骨の矯正と筋肉を緩めて動きを大きくしていきます。
また、肋骨や、股関節の動きも重要なポイントとなっていて、これらを矯正して、動きを大きくしていきます。

四十肩・五十肩は長期戦になりやすく、施術後その時はよくなっても、2、3日で状態がもとに戻ります。

しかし治療を行わない場合、痛みがなくなった後も可動域が狭くなることが多くあります。
また期間も長引いてしまうため、しっかり治療することをお勧めいたします。


当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒331-0074
埼玉県さいたま市西区大字宝来1717-5 指扇北山ビル2F

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください

ご予約

当院は予約優先制となっております

休診日

日曜日