- Blog記事一覧 -大宮や川越周辺で自律神経のお悩みをお持ちの方へ

大宮や川越周辺で自律神経のお悩みをお持ちの方へ

2017.09.22 | Category: 症状解説

さいたま市西区指扇駅前の整体院。

整体院指扇カイロプラクティックセンターです。

 

本記事をご確認いただき、ありがとうございます。

この記事を確認したということは、なにかしら自律神経について不安を持っている方かと思います。

気になる症状を調べていたら、自律神経の問題と自分の症状が一致したので確認した。

もしかすると自律神経失調症と診断されたため、このページを開いた方もいらっしゃるかもしれませんね。

まずは自律神経について少し知っておきましょう。

 

交感神経と副交感神経

まず自律神経には交感神経と副交感神経というものが存在します。

一度くらいは、聞いたことのある名称なのではないでしょうか?

 

交感神経と副交感神経はどちらか一方が優位に働き、どちらか一方は昨日を弱めるという働きをします。

交感神経が優位になるときは、主に体を活動させる時です。

そのため、身体の動くための機能を積極的に働かさせ、逆に消化器系の機能等、動く際に不必要な機能を低下させて、活動に備えます。

副交感神経はこの逆の働きをします。

休憩する際に必要な機能を働かさせ、動くための機能を抑えて身体を整えることや、消化等を重点的に行う様にします。

これらが状況に応じて優位に働くため、身体を動かすときと休める時のバランスが取れているのです。

 

自律神経失調症の症状

極度にストレスがかかり続けたり、体の機能が崩れてしまうと、自律神経の切り替えがうまくいかず、体調に不調をきたします。

この状態を自律神経失調症といいます。

症状は一言では言い表せません。

たとえば、めまい、頭痛、不整脈、息苦しさ、熱くもないのに汗をかく、冷え、ほてり、消化不良、不眠、立ち眩み等などありとあらゆる症状を感じる可能性があります。

また、いろんなものに過敏になりやすい状態でもあります。

 

過敏な状態というのは少し体に触れただけでもくすぐったいとか、

ちょっとした、光がかなり眩しく感じてしまったり、痛みを感じやすくなってしまったりする状態です。

ちょっとした刺激で身体が反応してしまうため、ものすごく疲労しやすい状態でもあります。

 

アプローチするポイント

自律神経の異常を抑えるためには沢山ポイントがあります。

そのなかでも特に重要なのが下記の通り。

1.頭の環境を整える

2.手足の力を抜くこと

3.骨盤から首までの関節が正しく動くこと

4.首こり、肩こりの解消

5.姿勢をよくする

 

ひとつづつ詳しく説明していきます。

1.頭の環境を整える

これは自律神経の中枢である脳幹が頭にあるからです。

頭の張りや、関節が動きにくいと周りの環境の悪さから脳幹の働きも鈍らせてしまいます。

こうなると自律神経のコントロールがうまくいかず、症状が出やすくなってしまいます。

そのため、頭の張りや関節の動きを調整し、高まった神経を休ませます。

この時に頭に手を軽く当てて、軽い圧をかけます。

何をしているのかわからないくらいだと思いますが、受けている方は眠くなってウトウトしてくることが多いです。

 

2.手足の力を抜くこと

交感神経が高まっている状態の場合、体幹を緩めようとすると刺激が強くて受けきれないケースが多いです。

ですが、力が入っている状態は交感神経が優位な状態ですので抜かなくてはいけません。

その時、負担が少なく行えるのが手足になります。

この時、筋肉をほぐすだけでなく関節の調節を行うと効果が大きくなります。

 

3.骨盤から首までの関節が正しく動くこと

人間の体には頭から骨盤までの間に脳脊髄液という液体が流れています。

詳しく説明すると長くなるため、ここでは書きませんが、これが神経の栄養となる物質を循環させていると考えられています。

この脳脊髄液を循環させるためには、後頭部から骨盤までの関節が正しく動く必要があります。

関節が動くことによって、液体を循環させているためです。

 

4.首こり、肩こりの解消

首こりや肩こりがあると、血管が圧迫され頭に血液を送る量が減少します。

血液が必要な量を供給できないと必要な栄養素を取り入れる量が減るため、きちんと頭を回転させることが難しくなります。

これは単純に考えることだけではなく、自律神経のコントロールでも同じことが言えます。

首こりや肩こりへのアプローチを行うことによって、血液の循環をよくします。

 

5.姿勢をよくする

ここでいう姿勢をよくするというのは形だけでの姿勢のことではありません。

本当の意味で姿勢改善をし、正しく身体を使うことを覚えましょう。

正しい姿勢を保つことができれば、自律神経の通り道に負担をかけずに済みます。

負担をかけないことが症状の軽減につながります。

日常動作の積み重ねが関節の動きを悪くしたり、首こり、肩こりにつながったりするので、こちらもとても大事な点になります。

 

長々となりましたが、いかがだったでしょうか?

当院はさいたま市の西区にある指扇という駅のすぐ近くで営業しております。

大宮や川越から電車で10分くらいの距離ですので、この辺りによく来る方も是非お越しください。

ご一読頂きありがとうございました。

 

さいたま市西区、指扇駅前の整体院

整院指扇カイロプラクティックセンター

tel  048-699-0652

埼玉県さいたま市西区宝来1717-5

指扇北山ビル2階


当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒331-0074
埼玉県さいたま市西区大字宝来1717-5 指扇北山ビル2F

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください

ご予約

当院は予約優先制となっております

休診日

日曜日